NEWS

「日記を書く読む。魅力にせまるブックフェア」@双子のライオン堂+H.A.Bookstore

2020年春、〈日記屋 月日〉が下北沢に開店します。〈本屋B&B〉(下北沢)などを手がける内沼晋太郎が、新しくはじめる日記の専門店です。

その準備を進めている最中、たまたま〈双子のライオン堂〉(赤坂)の竹田信弥が「日記のフェアをやりたい」とTwitterに投稿。それを見た内沼が連絡し、オープン前にフェアをご一緒しませんか、ということになり、そこに、日記好きの〈H.A.Bookstore〉(蔵前)の松井祐輔も合流しました。

三店主がオススメする古今東西の日記本を集めたブックフェアを、〈双子のライオン堂〉と〈H.A.Bookstore〉で、2020年1月25日〜3月7日まで行います。

また、当ブックフェアでは、いま日記を書いている、あるいはこれから書こうとしている個人のみなさまに「日記本」を制作いただき、それも合わせて販売したいと思っております。ご参加を希望される方は、下記の募集要項をご確認ください。売り場スペースの都合上、事前申込制で、先着30名を目安に締め切らせて頂きますので、ご興味を持ってくださった方は、お早めのお申込をお願いします。

〈募集要項〉

自作の日記を、本にして納品ください。既刊のものでもかまいません。コピー用紙をホチキス止めしたような簡易なものでも、きちんと印刷・製本したものでも、かまいません。ただし常識的な範囲内で、書店での販売に適しているものをお願い致します。あまりに大きすぎるサイズのものや、ナマモノなど劣化・変化するものはご遠慮ください。こちらの判断でお引き受けできないと判断した場合はご参加いただけません。

参加者:
先着30名目安

タイトル数:
1名あたり1タイトル

初回納品部数:
5〜10部
※売れ行き次第で追加をお願いする可能性がありますので、ご対応いただけるものが望ましいです。

定価設定:
必須
※「いくらでもいい」などは不可です。お好きな値段で定価を設定してください。

卸掛率:
70%委託

納品期限:
2020年1月20日必着

納品場所:
双子のライオン堂
〒107-0052東京都港赤坂6-5-21-101

参加条件・清算:
2020年3月7日に開催する参加者打ち上げ&精算会に参加できる方
※遠方などの事情によりご参加いただけない場合は、銀行振込および宅配便による返品にて清算いたします。その場合は振込手数料を一律で350円頂戴します。また返送料は着払いとなります。
※せっかくなのでなるべくお会いしたいと考えておりますので、可能な限りご参加いただけると嬉しいです。

注意事項:
個人や企業に対する秘密の暴露、ヘイトや悪質な内容のものは、受け付けません。また、受付後にそうした内容の記述が含まれていることが発覚した場合も、こちらの判断で販売を中止させていただきますことをご理解ください。

上記の募集要項をお読みいただき、同意してくださった方は、下記のフォームよりお申し込みください。

◎申し込みフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdzXWZEeW53WbV4QDsAMT_AqttdLYsCBY_OwcRF7EZHIeSyeg/viewform?usp=sf_link

◎問い合わせフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdbjZgvVDLs5nA4t1P4w_wizKEWQ7W-HwDtBAaiQWxh7fnMLg/viewform