original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

ある回復の記録

残り1点

1,200円

送料についてはこちら

著者:関野佳介/石井泉/関根愛 編集:関野佳介 ブックデザイン:Cat 佐藤翔子 二〇二三年九月から十一月にかけての、三人の日記です。 「離れた場所で生活していても、私を気にかけてくれている。そのまなざしは、これで大丈夫と思わせてくれる力がある。」 十月十二日(木)/関野佳介 「元の世界に戻りたい。僕の時間に帰りたい。僕の、あの人生に戻りたい。」 十月二十六日(木)/石井泉 「これからさむくなろうという節目の日に、蝉も花も、いのちの盛りはもうここにはないのに、まだここにある。その切なくてうつくしいものが季節や時間というものなんだと、昇ってきたばかりの朝日をあびながらおもったら、いきていることがまたうれしくなった。」 十一月八日(水)/関根愛

セール中のアイテム