original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

ワークショップ「日記をつける三ヶ月」(古賀及子さん)

12,000円

送料についてはこちら

――日記をつけ始めませんか。 まずは「三ヶ月」。 ・日記屋 月日とゲストファシリテーターが「伴走者」となって、日記をつけるリズムをつくります。 ファシリテーターは、古賀及子さんです。 ・自分の日記は、Googleドキュメントを使用した半クローズドな環境に保存されてゆき、参加者全員が閲覧できます。 ・ワークショップでは、事前に参加者の日記を読み、自分の感じたことをお話ししていただいたり、他の参加者の話に耳を傾けたりする時間をつくります。 ・三ヶ月分の日記は、「日記屋 月日」の店舗とオンラインショップで販売することができます。 →製本代は別途かかりますが、リトルプレス製本に至るまでのフローやご心配事などについては都度ご相談を受け付けておりますので、これを機に「日記本」をつくってみたい方はぜひ、お申し出ください。 【このワークショップは、 とくに以下のような方におすすめです。】 ・日記をつけている人 ・日記をつけ始めたい人 ・日記をつけるのがなかなか続かない人 ・つけている日記を、ほかの誰かに読んでほしい人 ・日記を読むのが好きな人 ・自分の日記を本にしてみたい人 ・日記の魅力を伝える「日記屋 月日」の活動に興味がある人 【概要】 時間:10:00〜12:00 第一回 1/21(日) 第二回 2/4(日) 第三回 2/18(日) 第四回 3/3(日) 第五回 3/17(日) 場 所:BONUS TRACK ラウンジ 会場住所:〒155-0033 東京都世田谷区代田2-36 定 員:15名 費 用:一ヶ月4,000円 ・教材費込みとなります。 ・当ページにて全5回の三ヶ月分=12,000円(税込)をお支払いいただきます。なお、お支払い方法は【クレジットカード】のみとなります。 ・一ヶ月ごとのお支払いはできません。 ・参加者都合により、不参加日が出た場合のご返金についてはいたしかねます。 主 催:日記屋 月日 【安心した気持ちでお越しいただけるように、お願いしたいこと】 ・参加日の朝、熱がある場合や、喉の違和感、咳が出るなどの場合、またご体調が悪い場合は、その日の参加をお控えください。 ・必要に応じてマスクなどの予防グッズをご用意の上、ご参加ください。 ・暖房設備はありますが、会場の窓から外の風や空気を取り込むことがあります。 ご参加される方それぞれ、気温に対する感じ方も異なりますため、恐れ入りますが、体温調節はご自身のお召し物等でもご調節なさっていただけますと幸いです。 ・ご心配、ご不安な点がございましたら [email protected] までご連絡ください。 [ ご応募前に必ずお読みください ] ・このワークショップは、会場までお越しいただく対面型のワークショップです。オンラインでの開催はございません。 ・このページの商品を購入し、決済いただくことで、ワークショップへのご応募が完了となります。 ※お支払いは【クレジットカード】のみとなります。それ以外の決済方法につきましては自動的にキャンセル扱いとさせていただきますので、あらかじめご了承ください。 ・参加費は前もってお支払いいただきますが、参加者については抽選で決定いたします。 ・残念ながら抽選から外れてしまった場合、上記でお支払いいただいた参加費はご返金いたしますので、ご安心ください。 ・参加が決まった方には、抽選後に「ご案内メール」をお送りいたします。必ずご確認ください。 ・ご応募期間は12月25日(月)正午までとなります。 【ご参加までの流れ】 1.当ページからお申し込みいただきます。抽選にて参加者を決定します。 2.参加が決まった方へ12月25日(月)〜26日(火)の期間内に「ご案内メール」をお送りし、日記のつけ方についてお知らせします。 ※Googleドキュメントを使用し、URLを共有していただきますので、Googleアカウントをお持ちでない方はご作成ください。 3.日記は、2024年1月14日(日)からつけ始めていただきます。 4.ワークショップの日までに、Googleドキュメントページ(日記)は他の参加者の方の分も共有をいたします。 【古賀及子さんからのメッセージ】  私と一緒に、日記を書きませんか。日記に興味のある私たちで集まりましょう。  日記ってなんでしょうね、まず日付を書いて、そのあとに文字を書く。その行為にもずいぶんと広がりがあって、考え方があって、意味の求め方、表現としての取り組みの多様さは書く人がいればいるほど拡張するように思います。  このワークショップは、そんな日記にあらためて取り組みます。  これから日記を書いてみたい方はどうぞ新鮮な心持ちでご参加ください。これまでなかなか続かなかったけれど、書くことを楽しんだり、書いて自分を知りたい方というは、はげまして支えになります。だれかにご自身の日記を読んでほしいと思っている方、楽しみにしています。だれかの日記を読むのが好きな方、仲間の日記がたくさん読めます。  私がこれまで書いてきた日記はエッセイ風のものです。ワークショップ中は、もうすこし記録的な日記をつけて生活や生き物としてのようすを俯瞰してみたいと考えています。ずっと日記を書いているけれど、ちょっと書き味を変えてみたい私のような方もぜひ。  集まって日記を共有することは、日記というごく日常の側の営為に非日常的な手と目を加えます。  化学反応が起こったら、みんなで珍しく眺めましょう。 【プロフィール】 古賀及子(こが・ちかこ) ライター、エッセイスト。1979年東京都生まれ。 2003年よりウェブメディア「デイリーポータルZ」に参加。 2018年よりはてなブログ、noteで日記の公開をはじめる。 2023年日記エッセイ『ちょっと踊ったりすぐにかけだす』(素粒社)を刊行。

セール中のアイテム