{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

たとえそれが最後だったとしても

残り2点

1,760円

送料についてはこちら

著者:垂井 真 表紙:ドル 萌々子・五十嵐 花 日付は付いていないですが、日記から抜粋した文章が時系列通りに並べられています。 『わたしにピアノのことを教えてくれた先生は、わたしより6っつくらい上のお姉さんで、ピアノのすごいところは嘘がつけないところだよ、と口癖のように言っていた。』 『ライブハウス、後ろのカップル 「催眠術ってかかったことある?」 「いや、ないけど。あるの?」 「うん、俺ある、一回だけ。大学の時に」 「かかった?」 「いやね、あれやばいよ。ほんとなんか、変な感じになった」 「今もずっとかかってんじゃないの、催眠術」 「どういう意味だよ」 「別に。なんか君ってそんな感じじゃん」』

セール中のアイテム