original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

寝生活 #01

¥1,300 税込

送料についてはこちら

著者:寝生活 2020年10月1日(木)から2021年3月31日(水)までの日記。 『17時半頃、10分前に吉祥寺駅南口に到着。今になって緊張してしまって、トイレへ行く。少し遅れて待ち合わせ場所に向かうと、それらしき女性が立っていて、どことなくアカネちゃんに似ている。髪の毛こそカラーが入っているけれど髪型、髪質、背丈も同じに見えた。恐る恐る話しかけて、当人だと確認を取ってルノアールに入った。とても緊張する。向こうも緊張しているようで、お互いに煙草を持つ手が震えていた。Winstonの甘い煙の匂いを女性から嗅ぐのは初めてだった。彼女も日記を書いていて、内容が良く、行動範囲が中央線ばかりだったので会えるなら会いたいな、と思って連絡を取った人だ。話して感じたのは4つも下の女性なのに思考が似ていることだった。猫好きだそうで、実家の猫の写真と猫のひげをiPhoneに挿んでいて良かった。(中略) 19時半頃までルノアールで喋っていた。飯でも食べましょう、と気になっていた定食屋、コペへ行った。店内はスナックのような内装で、家庭感で溢れている。生姜焼き定食を注文。生姜焼きが乗っていた皿にちびまる子ちゃんがプリントされていて良かった。横に座る彼女が、おいしいおいしい、言いながら食べている。 店を出て、まだ別れたくなくて「煙草を吸いたい」と口実を作って、井の頭公園に行くことになった。公園内を歩きながら喋ったり、ベンチに座って喋ったりした。時たま変なことを言う人で「人生2周目なんです」とよく言ってて、何かしらの得意分野があるのか、自身のある何かがあるんだろうなと思った。互いに温かい飲み物を飲み終えた22時半頃に井の頭公園を出た。 とても寒い夜だった。このまま解散しても良かったけど、この時間に帰ったら、明日の9時からのバイトには起きられない核心があった。吉祥寺を歩いていたら何だか離れたくなくなって「明日起きられないから起こしてくれますか?」と言ってしまった。彼女は戸惑いつつも家まで来てくれることになった。 23時半頃、セブンイレブンでジャスミン茶を買って帰宅。この部屋に人を招いた事がほぼ無い。普段は...』(2020/12/23 水)