{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

犀星映画日記

¥1,430 税込

送料についてはこちら

室生洲々子 編 絵:武藤良子 寄稿:服部滋 本文総128ページ  本文カラー 「今日は山王、明日は大森。犀星先生は、三日をあげずに映画館へ通いづめ。」 でも、冗らないと、すぐに映画館を出てしまう。名作、人気作にも容赦なし。 十一月六日 「二十四の瞳」をみる。いやな映画である。 三月二十四日 山王映画館まで足ならしに行き、愚劣な「誰がために鐘は鳴る」を中途まで見て、出た。 四月七日 雨月物語を見る。…感銘は平凡だった、気味わるさにあたらしい感覚がなかった。 五月十四日 「めし」は駄作である。こういう作品を見ても、頭にのこるものが一つもない。 (龜鳴屋HP商品紹介より)