なにもつづかない 2020-2021
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

なにもつづかない 2020-2021

¥1,100 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

著者:蟹の親子(日記屋 月日スタッフ) 2020 0726 「帰ってきて昼寝。たくさん食べたので食欲があまりないが、なんとなく西瓜が食べたくなった。夕方スーパーへ。尾花沢産のカットされた西瓜があったので、それを手に取る。 Tに尾花沢の思い出を話しながら食べた。Tも西瓜の思い出を持っていて、エピソードを出し合いながらシャクシャクやっていた。 (中略)仮に私が、きょうの一日を小説にしたとして、たぶん、それは「何が面白いんだろう」というような単調なものになるかもしれない。それでもまあ人生においてというか、少なくとも私にとっては大事なことで、それがこうして日記になるということで。誰が何と言おうと多分いい日なのだ。明日死んでしまってもぜんぜんいいというか、死ぬならきょうみたいな日に死にたいと思う。そういう一日だった。」