ほけきよ『これからも私のこと書いていいよ、ふふふ ほけきよ俳日記二〇一九年度一学期』
5f67fea88f2ebd5eb9992dea 5f67fea88f2ebd5eb9992dea 5f67fea88f2ebd5eb9992dea 5f67fea88f2ebd5eb9992dea 5f67fea88f2ebd5eb9992dea 5f67fea88f2ebd5eb9992dea

ほけきよ『これからも私のこと書いていいよ、ふふふ ほけきよ俳日記二〇一九年度一学期』

¥550 税込

※こちらはダウンロード商品です

KOREKARAMO.pdf

6.39MB

デジタルリトルプレス 著者:ほけきよ 発行年:2020 日記年:2019 30歳、誰でもない会社員。1日1句とともに綴られる日常生活。 寝て起きて、ご飯を食べて、仕事に行って、妻と話す。いつかは忘れてしまいそうな些細な出来事を忘れないように。 この日記を妻に見せると、「これからも私のこと書いていいよ、ふふふ」と笑って言いました。 * 六月一二日 風鈴やカウンターから小さき顔 五時起床。最近暴食が続いてたので体重が増えたんじゃないかと思い、体重計に乗ってみたが思ったよりは増えていなかった。朝飯、ヨーグルト。今日は先週土曜日の休日出勤の振替休日。休みの日は昼に何を食べようか迷う。妻に昼に何を食べたら良いかという相談をしたら、お金あげるから鰻でも食べたら、と言われた。八時、妻と家を出る。スーツをクリーニングに出しに行く。クリーニング屋に行くと人がいなかった。すみませーん、と声を出すと、カウンターの下で作業をしてたらしく、はーい、という声とともにカウンターからクリーニング屋のおばさんが顔を出してきた。おお、と少し驚くと、クリーニング屋のおばさんは、ふふ、と笑っていたーー。 ◎総文字数/ページ数 約98,953字/本文91ページ